スポンサーサイト

2015.12.13 Sunday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    名古屋の画材店

    2015.08.16 Sunday

    0
      少量から注文できるネット専業の印刷会社。
      各社しのぎをけずっており、請求すれば印刷用紙のサンプルを送ってきてくださいます。

      有料でためし刷りを行うこともできますが、送料を考えるとかなりの割高になってしまいます。
      しかし、市販の印刷用紙では雰囲気が出ません。
      どうしたものかと悩んでいると、お世話になっているデザイナーさんから
      「試作段階では、紙を取り寄せて家庭用プリンターで印刷してみては?」
      とアドバイスをいただきました。

      「特殊な紙」が手に入る名古屋市内のお店をリストしてみたところ、こんなラインナップになりました。

      ■ロフト名古屋(矢場町)
      http://www.loft.co.jp/shop_list/detail.php?shop_id=295
      紙関係は4Fの製図コーナーの近く。
      052-219-3000(代表) 10:30〜20:00

      ■キンコーズ(名駅・伏見・栄・池下)

      http://www.kinkos.co.jp/store/nagoya.html
      在庫があれば、安い。取り寄せ不可。
      24時間営業。

      ■世界堂名古屋パルコ店(矢場町)
      http://www.sekaido.co.jp/shop_nagoya.html
      営業時間 : 10:00〜21:00(年末年始を除く)
      定休日 : 名古屋パルコ休館日


      ■セントラル画材(久屋大通)
      https://www.central-gazai.co.jp/access.php
      1F セントラル プリントファクトリー
      Tel:052-953-8628 Fax:052-951-2641
      出力・加工受付業務 クロマテック製作
      ●年中無休(夏季・冬季・臨時休業除く)
      ●営業時間 月曜〜土曜日:AM9:00〜PM7:00
      日・祝:AM10:00〜PM6:00(受付・引取のみ)

      ■ペーパーボイスヴェラム(国際センターと丸の内の間)
      http://www.heiwapaper.co.jp/shop/shop.html
      電話番号    052-223-2314
      営業時間    9:00am 〜 5:00pm(土日祝休み)
      デザイン関係の方の支持が高いお店。

      世界堂さんはベテランさんっぽい店員さんが「私が聞いたことがない紙なので、当店での取り扱いはありません」ときっぱり。
      「セントラル画材」さんと「ペーパーボイスヴェラム」さんは取り寄せに慣れている様子でした。
      紙のサイズが「半裁(788×540mm)」「四つ切(540×392mm)」と特殊で戸惑いますが、皆さん親切でした。

      勤務後に取りに行かなければなので、今回は営業時間の長い「セントラル画材」さんにお願いしました。
      自分で上手にカットする自信がないので、店頭でA4サイズに切って頂きました。
      1カット50円。

      こうして私は、A4サイズの特殊用紙を入手しれたのでした。
      印刷するは少々緊張いたします。
       

      名古屋市デザイン活用支援事業

      2015.07.31 Friday

      0
        密かに応募していた補助事業に採択が決まりました。

        名古屋市が実施する「名古屋市デザイン活用支援事業 デザインアドバイス」。
        採択されると、5万円の自己負担で30万円分のデザインアドバイスをデザイナーさんにしていただけるという事業です。
        名古屋市デザイン活用支援事業 http://www.idcn.jp/design_support/advice
        名古屋市デザイン活用事業
        昨年、よろず支援拠点の仕事で知り合ったデザイナーさんに
        「応募用紙も簡単で使い勝手がよいですよ」と教えていただいたこの事業。
        A4の簡単な応募用紙に記入をすると、コーディネーターの方が事業所に訪問してヒアリングをしてくださり
        その情報を基に審査が行われる、という形式です。

        例年は倍率が1.2倍程度と聞いていたのに、今年は倍率が約2倍とのこと。
        どきどきしながら結果を待っていましたが、一昨日よい知らせが届きました。

        碧香堂にとってずっと課題だった「オリジナル商品」「オリジナルパッケージ」を支援していただこうと考えています。



        今までこのページで「創業補助金」や「小規模事業者持続化補助金」紹介してきましたが、これらは全国規模のもの。
        それとは異なり、各都道府県や自治体が独自に行っている補助金があります。
        今回の「名古屋市デザイン活用支援事業 デザインアドバイス」もその一つ。

        そういった補助金を調べるのは大変ですが、中小庁のポータルサイト「ミラサポ」の「施策マップ」を使えば
        横断的に補助金を検索することができます。
        みなさんの自治体にも、素敵な補助金があるかもしれません。ぜひチェックしてみてください。
        施策マップ@ミラサポ https://www.mirasapo.jp/measure_map/index.html

         

        ミラサポ専門家派遣

        2015.07.10 Friday

        0
          今週、碧香堂はプロダクトデザイナーの先生に新商品のパッケージを相談しました。
          碧香堂にそんな費用が?!と驚かれるかもしれませんが、からくりがあります。

          「ミラサポ専門家派遣制度」という制度を活用しました。

          「ミラサポ」は中小企業庁が運営する、中小企業・小規模事業者の未来を支援するポータルサイト。
          未来をサポートするので「ミラサポ」です。
          補助金・施策情報が一括検索できたり、何かと便利なサイトなのですが、目玉は「無料専門家派遣」。

          中小企業・小規模事業者ならば、誰もが1年に3回まで無料で専門家の指導を受けられるという
          大変ありがたい制度が用意されているのです。

          従来は、税理士や中小企業診断士といった士業の専門家の登録が多かったそうなのですが、
          近年では企業OBやデザイン関係の専門家の登録も増えています。

          1回の指導は6時間までで、1時間でも6時間でも1回。
          同じ専門家に3回依頼しても、毎回違う専門家を指名してもOKです。

          まずは会員登録し、次に企業情報の登録。
          そして支援を受けたい専門家を選び、商工会議所や金融機関などの「地域プラットフォーム機関」に派遣を依頼します。

          派遣の効果を高めるために、現状の自社の課題を明確にし、専門家に期待する支援を明文化。
          そしてそれによる効果まで認識して依頼する必要があります。

          専門家の先生には、国から謝金と交通費が支払われます。

          碧香堂は、新商品のパッケージを相談し、「こうするには、こんなコストが発生する」など具体的なアドバイスをいただきました。
          そして、印刷会社に頼む際の注意点や、お線香の色合わせまでアドバイスしていただくことができました。
          お線香の色合わせ
          自分では絶対に選べなかった、オシャレな色合わせき
          専門家の力ってすごいなと改めて思いました。


          碧香堂は「一人でやるから無駄がないしリスクも低い」と思って個人事業主での起業を選びましたが、
          一人での事業展開に限界を感じる今日この頃。

          様々な方との協業を通じて、次のステップを考えていこうと思います。


          ミラサポ:https://www.mirasapo.jp/
          専門家派遣制度:https://www.mirasapo.jp/specialist/index.html

          支援事例集

          2015.05.05 Tuesday

          0
            平成26年(2014年)6月2日に、経済産業省が「小規模事業者基本法」に基づき、全国の都道府県に設置した「よろず支援拠点」。

            私は愛知県の拠点でIT活用の相談を担当しています。
            IT業界で培った知識と創業体験を活かした等身大のアドバイスがご好評いただいているのか、忙しい毎日を送っております。

            そんな相談事例の中から、名古屋市小幡にある手作りワッフル専門店和諷瑠(わっふる)さんの事例を、
            よろず支援拠点全国本部が取りまとめた「平成26年度よろず支援拠点取組事例集」に取り上げていただきました。

            平成26年度よろず支援拠点事例集

            私が提出した事例はボツになったのに、逆指名で事例提出を求められ、その締切が義父の葬儀と重なるなど、
            波乱万丈ではありましたが、頑張って提出してよかったです。

            2年目となる今年は、質の高い相談ができるよう精進したいと思います。


            ちなみに、事例本文中に出てくる「POPの専門家」は、7年前にツイッターを通じて知り合い交流を深めていた方。
            私の創業の経緯をずっと応援していてくださった方で、こんな形でお仕事をご一緒させていただけるとは当時は思いもよりませんでした。

            様々な出会いに感謝、であります。



            全国の事例をPDFファイルをダウンロードできます。以下のURL中「2.取組事例集」をご覧ください。
            http://www.smrj.go.jp/yorozu/jisseki/089726.html

            手作りワッフル専門店・和諷瑠HP:http://waffle-nagoya.com/

            省エネ補助金&ものづくり補助金

            2015.03.27 Friday

            0
              創業補助金&小規模事業者持続化補助金のお問い合わせがひと段落し、
              「省エネ補助金」と「ものづくり補助金」についてのお問い合わせが増えるようになりました。

              「碧香堂事業には当分関係ない」とスルーしてきた補助金なので、必死で勉強する毎日です。
              前者に比べ、少し大きめの企業向けの補助金のようですが、補助額も大きい!

              しかし、該当サイトを発見するだけで一苦労なので、勉強したことをまとめてみました。
              理解不足な面も多々あるかと思いますが、補助金初心者の皆様のお役に立てればと思います。


              ■省エネ補助金

              省エネ補助金にはA型とB型があります。

              省エネ補助金A型は「認定受けた設備を購入するなら先着順で補助するよ」という、事業主にとってシンプル&低リスクな補助金。
              「最新の省エネ設備です」という証明がある設備を購入する予定ならOK。
              メーカーさんにその証明を取ってきてもらう必要があります。
              購入予定の設備がこの補助金に該当するかどうか、メーカーさんに尋ねてみてください。
              応募が殺到することが予想されるので、とにかく早く申し込むことがポイントのようです。

              省エネ補助金B型は複雑な申請が必要。気合を入れて取り組む必要があるそうです。

              省エネ補助金A型
              通称:省エネ補助金A型
              正式名称:平成26年度補正予算「地域工場・中小企業等の省エネルギー設備導入補助最新モデル省エネルギー機器等導入支援事業(A類型)」
              募集期間:3/16〜12/11(予算終了次第、前倒し終了)
              申請先:一般社団法人環境共創イニシアチブ
              説明公式URL:https://sii.or.jp/category_a_26r/
              募集要項:https://sii.or.jp/category_a_26r/shinsei/note.html

              省エネ補助金B型
              通称:省エネ補助金B型
              正式名称:平成26年度補正予算 「地域工場・中小企業等の省エネルギー設備導入補助金/地域工場・オフィス・店舗等省エネルギー促進事業(B類型)」
              募集期間:3/16〜4/15
              申請先:一般社団法人環境共創イニシアチブ
              説明公式URL:https://sii.or.jp/category_b_26r/first_announcement.html
              募集要項:https://sii.or.jp/category_b_26r/first_announcement.html#file





              ■ものづくり補助金

              「ものづくり補助金」は指定された分野に該当する「革新的」な事業に対する補助金。
              「革新的サービス」「ものづくり技術」「共同設備投資」の3タイプがあり、
              まずは以下のリンク先PDFを一つづつ読み、「申請しようとしている事業がどの分野に該当するか」の確認からスタートするそうです。
              http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/shishin.html
              募集要項は、各都道府県ごとに用意されています。

              通称:モノ補助
              正式名称:平成26年度補正予算「ものづくり・商業・サービス革新補助金」
              事務局:全国中小企業団体中央会
              募集期間:2/13〜5/8
              申請先:各都道府県の中小企業団体中央会
              全国公式HP:http://www.chuokai.or.jp/josei/26mh/koubo20150213.html
              募集要項(愛知県):http://www.aiweb.or.jp/topics/monodukurihojo_h27.html