スポンサーサイト

2015.12.13 Sunday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    日本のグリーフケア・サポート組織

    2013.12.08 Sunday

    0
      前回の記事で「遺族の方を助ける方法」をご紹介しました。

      その中に
      「Cruseのような役立つサポート組織のことを教えましょう。」
      という助言がありました。

      日本にはCruseのように「無料で24時間死別の苦しみを相談できる」組織はありませんが、
      以下のような組織やサイトがあります。

      ■自死遺族のつどい
      自死遺族の方のサポート組織は、活発に活動されており、
      全国的なまとまりがあるようです。
      以下に全国のサポート組織一覧があります。
      http://www.lifelink.or.jp/hp/tsudoi.php

      ■日本グリーフ・ケア・センター
      伴侶を亡くされた方の組織です。
      http://members3.jcom.home.ne.jp/osada-mt/
      東京・名古屋・伊豆でグループ・ミーティング(グループ・カウンセリング)が行われています。

      ■生と死を考える会全国協議会(2014/1/15追記)
      http://www2u.biglobe.ne.jp/~shinai/seitoshi.htm
      死生学で有名な、上智大学のアルフォンス・デーケン氏が名誉会長。
      「会員一覧」で全国の組織一覧が見えます。
      住所のみでHPのない組織も多々ありますが、
      一般の方向けのサポートを行っている組織もあります。

      ■めんどりの集い
      お子さんを亡くしたご両親が対象です。
      亡くした理由、亡くなった子の年齢、亡くなってからの年月も、問われません。
      http://www5f.biglobe.ne.jp/~hiroba/mendori/
      「分かち合いの会」が不定期に東京・大阪・愛知・盛岡などで開催されます。

      ■天使になった子供たち
      病気でお子様を亡くされたご家族のコミュニティサイトです。
      http://minna.eek.jp/angel/

      ■日本グリーフケア協会
      http://www.grief-care.org/index.html
      現在は、東日本大震災の被災地と、栃木県自治医科大学でケアを実施しているようです。
      東京でのワークショップは受付を停止しているようです。

      ■京都グリーフケア協会
      https://www.kyoto-griefcare.or.jp/
      京都でグリーフカウンセリングを受け付けています。
      個人カウンセリングは60分8,500円から。

      ■上智大学グリーフケア研究所
      http://www.sophia.ac.jp/jpn/admissions/griefcare
      「グリーフケアの実践とその支援」ということで有料面談が行われています。
      5,000円/回で要予約です。
      詳細はこのページをご覧ください。


      状況やパーソナリティによって合う合わないがあるので、
      あくまでも参考情報としてお伝えいただければと思います。
      (ご自分で検索して見つけること可能ではありますが、
      検索の際に目にしたくない情報に接してしまうこともあります)

      個人的には、死別直後の遺族にとって、
      グループワークは時として刺激が強すぎるように感じます。
      しかし「同じような経験をしている仲間がいる」と知ることは、
      勇気づけられる経験だと思います。


      また、お近くの精神科や心療内科などに併設されている
      カウンセリングルームでの心理カウンセリングも有効だと思います。
      心理カウンセリングの相場は1時間5000円から8000円程度です。

      健康保険組合によっては、保健同人社などと契約し、
      福利厚生で心理カウンセリングを無料で提供している会社もあります。
      そのようなサービスがないかどうか調べ、
      同僚の方に教えて差し上げるのもよいと思います。


      いつか「サポート組織を教える代わりに碧香堂のサイトを教えていただく」
      という使い方をしていただけるよう、
      これからも記事を書き綴っていければと思います。

      他の記事と違って、書くのにエネルギーが必要で量産はできませんが、
      一歩づつ。

      周囲の方へ -遺族の方を助ける方法-(Cruse Bereavement CareのHPから)

      2013.12.07 Saturday

      0
        今回は、遺族の方をとりまく周囲の方に
        「どのような方法で遺族の人を助けるのがよいか」
        の一案をご提案します。

        前回の記事遺族の方へ -自分を助ける方法に引き続き、
        Cruse Bereavement Care(英国の国家的な死別ケアの組織)のHP

        からの紹介です。

        私はあまり英語が得意でないので原文も併記しておきます。
        --------------------------
        苦しむ遺族を助ける方法
        How to help someone bereaved

        親しい人を亡くして嘆き悲しんでいる人を助けるには、
        どうすればよいのか悩むところです。
        どんな言葉をかけ、どのように働きかければよいか、
        いくつかの助言を記しました。お読みください。
        If you know someone who is grieving the death of someone close you may wonder how best to support them. Read on for some suggestions of what to say and do.

        遺族の方は、亡くなった方について話したがるものです。
        遺族の方にとって最も助けになることは、
        ただ遺族の方のお話を聞いて差し上げることです。
        そして、嘆き悲しむことのできる場所と時間を作ることです。
        People who have been bereaved may want to talk about the person who has died. One of the most helpful things you can do is simply listen, and give them time and space to grieve.

        また漠然と「何でも言ってください」と助けを申し出るより、
        具体的で実用的なお手伝いを申し出ることは非常に役に立つことです。
        Offering specific practical help, not vague general offers, can also be very helpful.

        ■以下のことをお勧めします。 <Do:>

        1.もし死別の苦しみに悩まされている人がいるならば、
        電話をかけるか手紙を書くか、メールで訪問の約束を取り付けましょう。
        Be there for the person who is grieving - pick up the phone, write a letter or an email, call by or arrange to visit.

        2.悲しみの受け止め方には、人ぞれぞれの方法があります。
        そこには「正しい」方法も「普通の」方法はないことを心に留めましょう。
        Accept that everyone grieves in their own way, there is no 'normal' way.

        3.遺族の方に話すよう働きかけましょう。
        Encourage the person to talk.

        4.遺族の方の話を聞きましょう。
        Listen to the person.

        5.遺族の方が体裁を気にせずに自分自身の感情を表わせれる環境を作りましょう。
        Create an environment in which the bereaved person can be themselves and show their feelings, rather than having to put on a front.

        6.グリーフケアーーには時間がかかることを心に留めておきましょう。
        Be aware that grief can take a long time.

        7.記念日や誕生日など、やり過ごすのが難しい特別な日にはコンタクトを取りましょう。
        Contact the person at difficult times such as special anniversaries and birthdays.

        8.Cruseのような役立つサポート組織のことを教えましょう。
        Mention useful support agencies such as Cruse.

        9.実務的な手助けを申し出ましょう。
        Offer useful practical help.

        ■以下のことをしてはいけません。<Don't:>

        1.遺族を避けること。
        Avoid someone who has been bereaved.

        2.「あなたの気持ちが分かるわ」「あなたはきっと忘れられる」「時が薬になる」などありきたりな言葉を使うこと。
        Use clichs such as 'I understand how you feel'; 'You'll get over it ; 'Time heals'.

        3.「前に進まなきゃ。立ち直らなきゃ」と言うこと。
        悲嘆に必要な時間は、人によって全く異なるのです。
        Tell them it's time to move on, they should be over it - how long a person needs to grieve is entirely individual.

        4.話したがらない遺族や、怒りを示す遺族に接して驚くこと。
        Be alarmed if the bereaved person doesn’t want to talk or demonstrates anger.

        5.遺族の方をサポートする心労を過小に評価すること。
        あなた自身のケアも必要なことを覚えておいてください。
        Underestimate how emotionally draining it can be when supporting a grieving person. Make sure you take care of yourself too.
        ----------------------------------

        「具体的で実用的な手助け」「実務的なお手伝い」とは、
        例えば、以下のような申し出を指します。
        ・日用品や食料品の買い物代行を申し出る
        ・遺族の方のお子さんを散歩に連れて行く
        ・DM停止の手続きを代行する

        何もするのもおっくうな気持ちでいる遺族にとって、
        こういった申し出はとても助かります。

        私は、死別直後に当時の上司が必要な社内手続きの代行を申し出てくださいました。
        改めて「家族を亡くしました」と口にすることすら嫌だったので、
        とても助かりました。感謝しています。


        とにかく「落ち着いてじっくりと悲しみに向き合える環境」
        を用意してあげることが大切なようです。

        もしあなたが「自分は遺族の方にとって、
        死別前から本音で話せる相手である」と自負できるなら、
        ぜひ遺族の方にコンタクトをとってみてください。

        もし、あなたが「自分は遺族の方とそこまで親しくない。
        けれど何か手助けをしたい」と感じたら、
        遺族の方のケアを行っている「遺族の方と親しい方」を
        サポートするのも一案だと思います。


        日本では「Cruseのようなサポート組織を教える」ことは難しいですが、
        いくつかの類似組織があります。次回の記事でご紹介します。

        遺族の方へ -自分を助ける方法-(Cruse Bereavement CareのHPから)

        2013.12.04 Wednesday

        0
          以前、グリーフケアアドバイザーの記事でご紹介した
          Cruse Bereavement Care(英国の国家的な死別ケアの組織)のHP
          の中で、
          日本に住む私たちにも役立つ情報を見つけました。

          英語に堪能な方の助けを得て和訳してみました。
          ---------------------------
          Supporting yourself -あなた自身を助ける方法-

          ■以下のことをお勧めします。 <Do....>

          1.誰かと、故人のことを話しましょう。
          その人との思い出や、あなたがその人をどう思っていたかについて話しましょう。
          Talk to other people about the person who has died,
          about your memories and your feelings.

          2.自分を労わってください。
          規則正しく食事をとり、十分な休息をとってください。(たとえ眠れなくても)
          Look after yourself. Eat properly and try to get enough rest (even if you can’t sleep).

          3.悲しみにひたることを自分自身に許しましょう。
          そして悲しむための時間を取りましょう。
          Give yourself time and permission to grieve.

          4.もし、助けが必要だと感じたら、助けを求めましょう。
          Seek help and support if you feel you need it.

          5.自分に何が必要かを、人に伝えましょう。
          Tell people what you need.


          ■以下のことをしてはいけません。<Don't....>

          1.孤立すること。
          Isolate yourself.

          2.感情にフタをして隠し続けること。
          Keep your emotions bottled up.

          3.助けが必要な自分は弱い人間だと考えること。
          Think you are weak for needing help.

          4.家事や仕事ができないことに罪悪感を感じること。
          Feel guilty if you are struggling to cope.

          5.ドラッグやアルコールに依存すること。その効果は一時的でしかありません。
          Turn to drugs or alcohol - the relief will only be temporary
          ---------------------------
          以上が http://www.cruse.org.uk/supporting-yourself
          からの引用とその和訳です。


          経験のない方は意外に感じられるかもしれませんが、
          亡くした人について話すことは、心が慰められる一時です。

          「あの時あの人はこうだった、私はこう思った」
          ととりとめもなく話していると、まるでその人がそこにいるかのような幸せを感じられます。
          思い出を話している間は、死別の痛みも少しは和らぎます。

          私達遺族は死別という形でその人を失いましたが、思い出までもは失われていません。
          思い出せば、いつでもあの人の姿を思い浮かべられる。
          そしてその思い出は人と共有できる。

          そう体感できると、なんだか落ち着くことができます。
          そして、何度も話しているうちに徐々に気持ちが整頓されていきます。

          ですから、周囲の方はぜひそのお話を聞いてあげて欲しいと思います。
          遺族が一番傷つくのは「そんな話をやめなさい。現実を見なさい」
          と言われることです。


          そして、周囲の人に「自分がどうして欲しいか」を伝えるのは大切なことです。

          話したければ「話し相手になって欲しい」と言い、
          そっとしておいてほしければ「今はあなたと話したくない」とはっきり言いましょう。

          残念ながら、過剰に遺族の方とかかわりたがる方も中にはいらっしゃいます。
          中には宗教や健康食品の勧誘をなさる方も・・・。
          「無神経なこと言う人に限って家に押しかけてくるのは何故?」
          と思う経験をされる方も少なくはないようです。


          最後に。
          規則正しく3食を食べ、布団に入ることは大切です。
          眠れなくても、ベットに体を横たえましょう。

          「眠れない、食べられない」と感じたら、病院へ行きましょう。
          評判の良い精神科や心療内科は常に予約がいっぱいであることも。
          かかりつけの病院があれば、そこで相談してみるのも一案です。

          グリーフケア・アドバイザー講座

          2013.11.14 Thursday

          0
            こんばんは。碧香堂店長のかとうです。

            私は、タイに旅立つ直前の10月11日に
            「グリーフケア・アドバイザー」講座に参加してきました。

            この事業をやっていく上で、
            グリーフケアの正確な知識が必要になると思ったからです。

            「グリーフケア」の「グリーフ」は「悲嘆・悲しみ」のことで、
            特に死別の痛みを差します。
            死別の痛みを癒すには、特別なケアが必要です。
            この特別なケアを「グリーフケア」と呼びます。

            しかし、日本では、グリーフケアはあまり重要視されていません。

            周囲の方に、
            「いつまでも泣いていたら故人が悲しむからしっかりしなさい」
            「早く納骨しないと、成仏できないよ」
            「喪中の葉書もきちんと出しなさいよ」
            と追い立てられ、辛い思いをした方も多いのではないでしょうか。

            この講座は、日本グリーフケア協会が実施しているもので、
            基本となる講座のテキストは、もともとは看護師さん向けに書かれたもののようでした。

            参加者は、医療関係の方と葬儀関係の方、介護関係の方が中心とのこと。
            少なからず、当事者である遺族もいたようですが、
            ワークなどには、遺族にはつらい内容も含まれていました。
            あやうくフラッシュバックしかけることも何度か。

            それでも一日頑張って、様々な訓示と刺激を受けました。

            中でも、
            「英国にはクルーズという国家的な組織がグリーフケアを担っている」
            という事実には驚かされました。

            組織のトップはエリザベス女王で、
            組織の運営には、政治家や英国国教会だけではなく、
            カトリックやユダヤ教などの関係者も加わり、
            宗教横断的なサポートが実施されているそうです。

            英国の国家的な死別のケア組織HP:Cruse Bereavement Care

            また、アメリカでは、各地の病院やカウンセリング施設、教会などで
            誰もが気軽に死別のケアを受けることができるようです。

            私自身にとっては、講座の内容はまだ刺激がつよく、
            当分の間、グリーフケアをアドバイスする側には回れないと感じました。

            しかし、このブログや碧香堂の事業を通じて、
            グリーフケアの情報を伝えることはできます。

            講座で学んだことや、
            今までの経験を通じて身に着けたサバイバル術的なことを、
            このブログを通じて、徐々に皆様にお伝えできれば、
            と考えています。


            まだまだよちよち歩きの事業ですが、
            今後ともどうぞよろしくお願いいたします。