スポンサーサイト

2015.12.13 Sunday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    ブログを引っ越しました。

    2015.12.13 Sunday

    0
      碧香堂店長のかとうです。

      この度、このブログを引っ越すことにいたしました。
      引っ越し先はこちら

      ・碧香堂のイメージに合ったブログデザイン
      ・無料でも広告非表示
      ・商用利用が公式に認められている

      その結果、Googleが運営するbloggerさんにお世話になることにいたしました。

      碧香堂サイトでのリンク修正などが手つかずという問題もあり、しばらくは既存のブログも残します。
      様子を見て徐々に移行します。

      新商品も発表し、新たなスタートを切った碧香堂。

      より多くのご遺族にグリーフケアの概念を伝えるべく、今後も挑戦をし続けます。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
       

      いたちごっこ

      2015.11.13 Friday

      0
        先週、碧香堂はメッセナゴヤ2015という展示会ではじめてのチラシ設置を行いました。

        名古屋市の「デザイン活用支援事業」の紹介コーナーを使わせていただけたのです。
        事業の概要を説明するパネルの前に
        この展示会は4日間行われるのですが、私が現地に行けるのは2日目だけ。

        開催前日までにブース責任者の方にお渡しできたチラシは50部弱。
        2日目の朝に行ってみると、残りがとても少なくなっていました。
        「これではいけない!」と持参したチラシ300部を追加で設置。
        追加したチラシ

        しばらく他のブースをまわった後、夕方再びチラシの様子を見に来ると、また激しく減っていました。
        ざっと見て200部は減った様子です。
        減ったチラシ
        「こんなに減ってる!」
        「私が見ている間はそんなに人通りがないのに、いったいどんな人が持ていったのだろう!!」
        「明日も補充しなければ・・・!」

        戸惑いながらも喜んだ私は、翌日の朝、展示会に行く同僚に碧香堂の追加チラシを託しました。
        その数ざっと300部。
        最終日まで在庫が足りるのか心配ですが、そんなにたくさんチラシは刷らなかったのだから仕方ありません。

        「置いておくだけれあんなにはけるなんて、もっと刷ればよかった!」とやきもきしていると
        facebookで元の職場の同僚が写真付きで私のチラシ設置の様子を投稿してくれました。
        なんと、またしても残り100部弱に減っているではありませんか!

        「あの写真は何時ぐらいのものなのだろう」
        「最終日が一番人出が多いと聞いている。私は重大な機会損失をしてしまったのでは」
        しかし会場に行くことはかなわず、私はひとり悶々としていました。


        そして翌週。ブースの責任者の方と打ち合わせをする機会がありました。
        私が開口一番「チラシ、あんなにはけるなんて感激です。追加しても追加しても、なくなっちゃって!」
        と伝えると、責任者の方は苦笑しながら教えてくれました。
        「犯人はかとうさんだったのですね。
        チラシって沢山置いてあると誰ももらってくれないんですよ。
        残り少ないと思わせないと取って行ってもらえないんです。
        僕が少しだけ置くようにして様子を見て補充しようとしていたのに、見る度にどーんと増えていて、
        一体誰が!と頭を抱えていたのです」

        なんと。そんな工夫をしていただいていたとは。ということは私が追加したチラシは・・・・。
        混乱する私に向かって、彼は容赦なく言いました。
        「500部ほど残ってますので、今度取りに来てくださいね」

        来週取りに伺います。


        ps.ちなみにチラシは、年配の方々が文例に目をとめて「こういうの必要なのよね」と取って行ってくれていたそうです。

        PL保険加入

        2015.10.22 Thursday

        0
          販路拡大に備え、PL保険に加入しました。
          正式名称は「生産物賠償責任保険」。
          輸入品は、輸入者=製造者とみなされるので、製造メーカーと同等の責任が問われるのです。

          輸入の本などに「商工会議所を通じて加入する」と書いてあり、
          商工会議所に入会する際も「うちを通じて保険に加入すると団体割引が受けられます」との説明がありました。

          そこで入会後、早速手続きを行ったのですが、すんなりとはいかず。
          「え、そうなの?!」ということが多々あったので記録しておきます。

          1.担当の経営相談員さんに相談。
          2.さっそくパンフレットを事務所ポストに入れてくださる。
          3.しかし、申込書が見当たらない。問い合わせたところ、商工会議所の本部に問い合わせてくれとのこと。
          4.商工会議所本部(保険の担当部署)に問い合わせる。
          5.2と同じパンフレットが送られてくる。またしても申込書なし。
          6.再度問い合わせると「まず保険会社を選んでくれ。この先は保険会社が説明と手続きを行う。
          保険の内容はどの会社でも同じだ」とのこと。
          7.選んだ保険会社からコンタクト有り。直接会って説明するとのこと。取扱い品目と前年度売上高を伝える。
          8.保険会社の担当者が来訪。見積もりの提示。契約は後日改めてとのこと。
          9.
          保険会社の担当者が再来訪。ここでようやく契約書記入。前年度売上高が分かる書類を提出。押印。
          10.保険費用の支払いは郵便窓口で。ATM不可とのこと。平日昼間に窓口へ。
          11.保険会社の担当者が三度来訪。10の支払伝票を9の契約書に添付。

          ここまですったもんだして、私が支払った保険料はたったの千円。
          商工会議所の会員なので団体割引を受けているそうなんですが、それにしたって
          パンフレット印刷代+パンフレット郵送費+商工会議所さんの人件費だけで足が出そうです。
          保険会社の担当者の方の人件費と交通費なんてとてもとても!という感じ。
          ネットでサクッと申し込めないものだろうか、と思っちゃいました。

          ちなみにPL保険は、どのこの会社でも7月1日が切り替え日。
          保険への加入をするならば7月1日付加入が最もお得だそうです。
           

          グリーフケアギフトとは

          2015.10.16 Friday

          0
            新商品開発やチラシの作成を通じて、改めて「グリーフケアギフトとは何か」を考える機会が増えてきました。

            今までホームページ(碧香堂ショップサイト)では
            贈ること・受け取ることでグリーフケアが可能なギフト
            と定義していましたが、もう一歩具体的にしたい。

            そこで考えたのが
            ・故人の個性を尊重した選択ができること
              〜画一的な品でなく、色や形の選択肢(バリエーション)があること
            ・遺族の心のケアを意識した言葉を添えられること
              〜メッセージカードや手紙を添えられること
            の2点の定義です。

            2点目の「遺族の心のケアを意識した言葉」はもう少し分解が必要です。

            それってどんな言葉だろう?と考える際に参考になるのが、
            「これまで調査してきた欧米でのシンパシーカードの文言」であり
            「グリーフケアの精神に乗っ取った言葉」
            になると思います。

            グリーフケア関連の文献を読んでいて目につくのは「遺族にこんな言葉をかけるのはやめましょう」
            という禁止や否定の言葉の羅列。
            「ではどんな言葉をかければよいのか?」にふれた文献は少ないです。

            また、グリーフケアギフト事業を続けていると
            「友人・知人が悲劇的な死別をして励ましたいのだが、どうしてよいのか分からない」
            といった喪の体験について相談を受ける機会が多く、
            ネット上の質問サイト等を見ていても「遺族に何か言葉を掛けたいけれどどんな言葉をかければよいのか分からない」
            という悩みは多く存在するようです。

            しかし碧香堂のメッセージ添付サービスをご利用いただくお客様の中には
            感動的なオリジナル文章を作成されている方が多数いらっしゃいます。
            「自分が死別直後にこんな言葉をかけられたらとてもうれしかったであろう」という文面の数々。
            そんなお客様にヒントをいただきながら、碧香堂は「どんな言葉をかければよいのか?」を
            追及してゆきたいと考えています。

            遺族としての気持ちや感情を説明するだけでなく、論理的・体系的にまとめる。
            もしくは、誰もが「こんな文章がよい」と納得する説得力のある例文を提示する。

            正解のない難しい道ではありますが、「難しい問題ですよね」で片づけず、
            よりよい方法を提案できるようになりたいと思います。

            ご意見・ご感想などありましたら碧香堂の問合せフォームからお気軽にお寄せください。
            皆様の貴重なご意見を参考にさせていただきます。


            写真は、今までに収集してきたシンパシーカードの一部。
            左からイギリス・アメリカ・フランスのものです。

            ハワイのシンパシーカード-売り場編

            2015.09.22 Tuesday

            0
              家族の長期休暇に付き合って、ハワイに行ってまいりました。

              創業準備を始めて以来、海外旅行=仕入旅行だった私。
              4年ぶりの純粋な旅行です。

              家族の手前、「旅行中はお仕事しません!」と宣言したものの、ショッピングの合間を縫ってシンパシーカードをチェック。
              3エリア5店舗の売り場でシンパシーカードの調査をすることができました。

              ハロウィン前のシーズンということもあって、通常とは少し異なる構成なのかもしれませんが、
              アトランタと比べてハワイでは
              ・鮮やかな色合いのカードが多い(ハワイのカード会社のものは特に)
              ・文言がややダイレクトな傾向
              ・シンパシーと同等以上に「Take Care」のカードが多い
              のように感じました。

              今回は、まずカード売り場の様子を紹介していきます。

              ■アラモアナセンター付近
              1)アラモアナセンター内のカードショップ
              シンパシーカード@アラモアナ
              観光客向けのお店なのか、シンパシーカードの取り扱いは少な目。これだけでした。
              シンパシーカード@アラモアナ

              2)アラモアナセンター近くのウォルグリーン(walgreens)
              1Fはデリや食料品・お土産品。2Fには化粧品やハロウィングッズなどがあり、大きなカード売り場がありました。
              客層は観光客と地元の人が1:1くらい。
              シンパシーカード@ウォルグリーン
              シンパシーカード@ウォルグリーン
              シンパシーカードはごく普通の1割弱程度の広さ。
              シンパシーカード@ウォルグリーン

              3)同じくアラモアナセンター近くのウォルマート(Walmart)
              ウォルグリーンよりローカル度が高まります。巨大なカード売り場が。
              シンパシーカード@ウォルマート
              シンパシーカード@ウォルマート
              お誕生日カードは相手別(父・母・祖父・祖母・姉妹・兄弟)、年齢別と多種多様。
              シンパシーカードは宗教・非宗教・サポート・あなたを想うなどの種類があります。
              シンパシーカー@ウォルマート
              シンパシーカー@ウォルマート
              アメリカの子供を亡くした母親が「近年まで子供の死は忌むべき存在でなかったものにされてきました。
              子供を亡くした方用のシンパシーカードが登場したのはごく最近のことです」と書いていたのを思い出しました。


              ■カハラモール
              4)カードショップ
              カハラ地区は高級住宅街と言われていて、少し高級感のあるショッピングモールです。
              アラモアナショッピングセンターのカードショップよりは小さいお店なのですが、シンパシーカードの比率は高めでした。
              シンパシーカード@カハラモール
              オシャレな店内に、アトランタのアメリカズマーケットで遭遇して「うひゃぁ」と思った漢字カードが。
              シンパシーカード@カハラモール
              それ以外はハイセンスなカードが並んでいました。
              シンパシーカード@カハラモール

              ■ワイキキ・クヒオ通り
              5)フードパントリー
              オアフ島の中心地・ワイキキにある庶民的なスーパーマーケット。
              シンパシーカード@フードパントリー
              他のお店と比べてポップでコミカルな柄が目立ちました。
              お見舞いのカードの中にはこんなものも(この写真をとっていたら、地元のお兄さんに笑われました)。
              TakeCare
              シンパシーカードの比率は高め。6枚セットのものもありました。
              シンパシーカード@フードパントリー
              他のカードと違って落ち着いた色合いが中心です。
              シンパシーカード@フードパントリー

              以上、ハワイのグリーティングカード売り場とシンパシーカードの取扱い状況でした。
              次回はカードの内容についてレポートします。